一人暮らしの水道光熱費の平均はどれくらい?節約ポイント一覧!

こんにちは!

今回は一人暮らしの水道光熱費は平均でどのくらいかかるのか、どう節約していけばいいのか一覧とともに解説していきたいと思います!

スポンサーリンク


住む場所や契約する会社によって料金は異なりますのでご了承ください。

一人暮らしの水道光熱費の合計は『月10,000円』程かかります

水道光熱費とは、水道代、ガス代、電気代を合わせたものです。

大体このくらいなので目安にしてみてください!

内訳

水道代 2,000円
ガス代 3,000円
電気代 5,000円
合計 10,000円
注意点
  • 水道代は2ヶ月で4,000円ほどかかる

上水道料金

下水道料金

以上の2つの料金が合算で2ヶ月に1度のお支払いです。

なので1ヶ月におよそ2,000円かかるという事になります。

 

  • ガス代は1ヶ月で3,000円ほどかかる

主にキッチンのガスコンロやお湯を沸かすときにガスを使ってると思います。

都市ガスとプロパンガスのどちらを使っているかによって大きく料金が変わってきます。

また、季節によって料金は変動しやすいです。




プロパンガスと都市ガスの比較

料金

プロパンガスは都市ガスよりも約1.6倍高い

熱量

プロパンガスは都市ガスよりも2倍以上

比較してみましたが、一人暮らしは都市ガスでOKです!

※大家さんが決めたガス会社で契約する事が多いので、物件によって異なる可能性があります。

  • 電気代は1ヶ月で5,000円ほどかかる

主に照明や家電で電気を使ってると思います。

電気代が高い家電一覧
  • 掃除機
  • 4Kテレビ
  • エアコン
  • 炊飯器
  • 洗濯機
  • 照明
  • ドライヤー
  • 給湯器
  • 冷蔵庫
  • 電子レンジ





 

電気代を節約する方法

上の一覧の家電で考えていきましょう!

掃除機

まず紙パック式とサイクロン式がありますが、サイクロン式のほうが消費電力が低いので電気代は安くなります。

あとモードの切り替えを上手くすると少しでも節約できると思います。

テレビ

ボリュームを下げる、テレビの明るさを調整することで消費電力を抑えることができ、見ないときにはマメに消すことが大切です。電気代は、4Kテレビよりも2Kテレビのほうが安く、3.5倍ほど電気料金にも差があります。 また、サイズが大きくなるごとに電気代もかかってきます。

エアコン

エアコンの温度も消費電力を高くする原因になります。 冬場なら20度夏場なら28度にを設定温度の目安にすると電気代がそこまで無駄に消費されません。

あとこまめにフィルターなどを掃除しましょう!

洗濯機

洗濯機は、洗濯するだけだとそこまで電気代がかかりませんが、乾燥まで使う場合は電気代が高額になってしまうので注意しましょう!

洗濯機のタイプ別で電気代の高い順位するとこうなります↓

  1. 縦型洗濯機
  2. ドラム型洗濯機(ヒーター式)
  3. ドラム型洗濯機(ヒートポンプ式乾燥)

照明

照明は使わない時や必要がないと思ったらすぐ消す事しかないですね!

LEDの照明に変えてみるのもいいかもしれませんね!

ドライヤー

ドライヤーはとにかく早く乾かすためにタオルで水分をできるだけ取りましょう。

給湯器

これは自動ではなく手動で温度調整をすればOKです!

冷蔵庫

びっくりな事に冷蔵庫は小型の方が消費電力が多いみたいです。

設置できて長い目で見れば大きい冷蔵庫を買う方が電気代を抑える事ができると思います。

まとめ

これからの生活では節約をしていき、地球環境のためにも一人一人が意識をして対策をしていくべきだと思います。



タイトルとURLをコピーしました